キャシングすることは学生にとって難しい?

学生が金融機関などでキャシングすることはやはり難しいのでしょうか?

お金を借りるということは、現代社会では信用によって行われているものです。信用度とはつまり借り入れした人物が、借り入れした金額を確実に返済できる見込みがあるかどうかということを図るものです。

年齢や職業、収入などでその人の信用度を診断することになります。20年以上正社員で働いている高収入の人と、学生を比較した場合、やはり貸す側にしてみれば高収入の人の方が確実に返済できるであろうと判断することになるでしょう。

それでは、学生では借り入れできないのか、と考えている方にも借り入れできるところがあります。

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、アルバイトなどの定期収入がある20歳以上の学生であれば、申し込みをすることが可能です。借り入れするときには、もちろんですがその目的をしっかり考えておくようにしましょう。

アルバイトでの収入から返済をする場合、毎月いくらぐらいずつなら可能なのかといったことも前もってしっかりシュミレーションしておく必要があります。

借り入れする前に今一度、本当にそのお金がその金額分だけ今すぐ必要なのか、たとえばアルバイトからの収入を貯めるのを待つのは無理なのか、といったことも検討しておきましょう。

安易な気持ちでその場しのぎの借り入れをすると、必ず返済できないといった事態を招いてしまいます。借り入れの前に利用の計画を充分すぎるほど行うことが、きちんと完済できるポイントになります。

カレッヂの口コミや評判は? – 学生ローン

学生ローンの口コミなんかも参考になりますよね。

モビットの利息計算方式は学生も同じ

モビットで学生が学生ローン借入をするときには必ず利息を考えておきましょう。10万円までの借り入れは金利が20.0%になります。他の消費者金融と比べても高くなっています。

それだけに利息の計算は覚えておかなくてはならないもの。
借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数これが利息の算出方法となります。

10万円を1か月、つまり30日借入をした場合を見てみましょう。10万円×20%÷365日×30日これが10万円を一か月借入をしたときの利息になります。

1,643円になります。

これが通常の消費者金融であれば金利が18.0%になりますのでその場合の一か月の利息は1,479円です。

200円近い違いが出てきます。

少額の借り入れで短期間である一か月を比較しただけでも200円の違いがありますので大きな金額でなおかつ返済期間が長くなれば金利の差が大きな影響を出してくることになります。

今では消費者金融では無利息期間を持っているところもあります。そのほかの消費者金融では金利が18.0%が普通。金利が20.0%は高いと感じても当然のことです。

しかしそれがわかっていながらモビットを選んだ理由はなんだったでしょうか。恐らくインターネットを利用した使い勝手が非常に良いことが決定打となったでしょう。

短期返済をすることができるのであれば金利は大きな影響はありません。少しでも返済を早めてモビットで支払う利息を減らしていきましょう。